top of page
Remembering or Fading Away

記憶するか 消えるか

和田 直祐

植田 陽貴

24 年 6 月 15 日 - 24 年 7 月 3 日

Curation Note

このたび Alpha Contemporary  は、『記憶するか消えるか:チェ・ウンヘ、和田 直祐、植田 陽貴』を 2024 年 6 月 15 日 より 7 月 3 日まで実施する。

アルジェンチンの小説家、ボルヘス (Jorge Luis Borges, 1899-1986) は、“不死性というのは、他人の記憶のなか、あるいはわれわれの残した作品のなかに残存しつづけるのである。”と言った。ここでは、文学作品を用いての話だったが、文学作品のみならず、視覚的に形態化された絵画や彫刻、陶器などの作品にも同様であろう。

 

他人に記憶されるもの、そして作品に残されたものは、存在し続けられる。

 

今回の展示では、瞬間の記憶や時間を採集して、作品として形態化し、さらに新しい記憶として作り出している日本と韓国のアーティスト 3人を紹介する。

 

チェ・ウンヘ(Korean b.1983)は、毎日の空間に色づいた時間を収集し、造形的な経験を視覚化する作業を行う。時間と空間を軸として生成される絶えずの動きを多層的な色彩や形のレイヤに変換させ、体験した世界からの色彩と構図を通じて、新しい可能性を持った開かれた世界を探求する。 

チェの作品では、体験を通じて累積された場面が ”心の中の動き” 即ち想像的な移動を経って、個人的で且つ、叙述的な方式として表現される。 今の時間から、次の時間へ移行する動きというものは、時間の流れの中で、はっきりしたものではなく、曖昧な知覚でイメージを認識させる。明瞭ではない形の色彩を通じて微妙な境界に置かれた中間地点を感知させる。<Window Seat シリーズ>では、飛行機の窓越しで見るはっきりしていない時間の中の空の光、風の動きによる光の形の曖昧な模様、刹那の移動を通じた視線の中で、描かれる光の色彩などを例に挙げることができ、これらは、体験に応じた内的視覚あるいは記憶と結びつき、多層的な空間として再構成される。

チェは、現在韓国のソウルの郊外にアトリエを構え、作品制作をしている。梨花女子大学の造形芸術大学で絵画/版画を専攻し、卒業後、同大学の一般大学院で西洋画を専攻し、修士、博士課程を卒業した。

チェの作品は、イルシン文化財団 (韓国ソウル)、オサン市立美術館(韓国オサン)、韓国銀行(韓国ソウル)、 Forman's Smokehouse Gallery (イギリス ロンドン), ソウル市立美術館(韓国ソウル) などの国内外の美術館の所蔵されている。

 

和田直祐(Japanese b.1983)は、薄く溶いた絵具を幾層にも塗り重ねる古典技法の「グレージング」を参照し、光と空間性をテーマにした作品を手掛ける。透過性の高いメディウムを用いて、色と形の幾重のレイヤーを構築し、色層の奥行を持った画面を作り出す。

 

漂流する流氷のように、画面を照らす光に反応し、色彩は揺らぐ。光が入る角度や観る角度により変化する光の表情を通して、観ることへの体験を提供する。和田の画面の上で採集された光の記憶は、過去の記憶に閉じ込めらず、観る時間や空間によって、新しい記憶として作り出され、存在し続ける。 

 

和田は、京都造形芸術大学(現: 京都芸術大学)大学院修士課程芸術研究科芸術表現専攻ペインティング領域を修了し、国内外で展示を行っている。

 

 

植田 陽貴(Japanese b.1987)は、日々触れる風景や毎週歩く森の空気、聞いたお話など日常の瞬間に過ぎ去った光の記憶を描く。その記憶は、自信の強度近視による光の見え方により、曖昧な境界地点での質感で表される。

 植田の画面では、静かに移り変わる自然の肌合い、日常の風景が心の振動として描かれ、記憶される。

 

 植田は、奈良県出身で現在奈良県でアトリエを構えて制作活動を行っている。2008 女子美術大学短期大学部専攻科卒(油画専攻)。Face2023 優秀賞を受賞(2022)、第3回枕崎国際芸術賞展 入選(2022)、HB FILE COMPETITION vol.32 関戸貴美子特別賞(2022)、HB FILE COMPETITION vol.31 鈴木久美特別賞(2021)」、はるひ絵画トリエンナーレ 入選(2021)など様々な受賞歴を持つ。

 

同世代の日韓アーティスト三人による、光の記憶のそれぞれの捉え方をぜひお楽しみください。

■展示概要

□会期|2024 年 6 月 15 日(土)~7 月 3 日(水)

□時間|水曜―土曜 12 時―18 時 (日、月、祝日:休廊)  ※火曜:前日 18 時までにメールでの事前予約制

□住所|〒108-0073 東京都港区三田2-13-9 三田東門ビル8F

□入場|無料

□お問い合わせ|infoalphacontemporary@gmail.com

■Alpha Contemporary(アルファ コンテンポラリー)

Alpha Contemporaryは、同時代性に関しての独自な視点を持って、国内外のアーティストを日本と世界に向けて紹介する。また、作品のみならず、作品の製作プロセスやコンセプト、アーティストからのメッセージをグロバールアートシーンへ共有する。

Works

Eun-hyea Choi

Eun-hyea Choi, Toned Landscape, 53 × 45.5cm, Oil on Canvas, 2020

Memoryscape, 42x32cm, Oil on canvas, 2022

Eun-hyea Choi, Memoryscape, 42x32cm, Oil on Canvas, 2022

むかしの海_910_727_2023

Haruki Ueda, むかしの海, 91×72cm, Oil on Canvas, 2023

Photo:Shintaro Yamanaka(Qsyum!)

common#4_edited.jpg

Naosuke Wada, Common #4, 32×18cm, Urethane Paint on Wooden Panel, 2024

bottom of page